中野区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(中野区)―

原 一哉 院長/ココニイル動物病院(中野駅・その他)の院長紹介ページ

原 一哉 院長

KAZUYA HARA

犬・猫からエキゾチックアニマルまで
365日・年中無休で安心の医療を提供

酪農学園大学を卒業後、札幌市内の動物病院で診療をはじめる。エキゾチックアニマルについて、より多くの症例に携わるべく上京。2015年より『ココニイル動物病院』の院長として日々の診療にあたる。

原 一哉 院長

原 一哉 院長

ココニイル動物病院

中野区/野方/中野駅

  • ●その他
  • ●猫
  • ●ウサギ
  • ●両生類
  • ●犬
  • ●フェレット
  • ●は虫類
  • ●ハムスター
  • ●鳥

小学校の飼育委員をきっかけに、獣医師の道へ

原 一哉 院長

私が獣医師になったのは、小学生のときに飼育委員を経験したことが最初のきっかけでした。新しい生命の誕生に立ち会える喜びがある一方で、お世話をしていたウサギさんが亡くなってしまうことがあったり。そんなとき、何もできなかった自分に対する「無力感」のような感情は、心のどこかにずっと残っていったんですね。
北海道にある酪農学園大学を卒業した後は、勤務医として札幌市内の動物病院で診療をはじめました。小学校でお世話していたウサギを自宅でも飼っていましたので、エキゾチックアニマルの診療についてはとても興味がありまして。もっとたくさんの経験をしたいと考え東京に戻り、『ココニイル動物病院』の母体であるアリーズ動物病院で診療をはじめました。

365日・年中無休で、動物たちの健康を見守る

原 一哉 院長

『ココニイル動物病院』は「ペッツ・エーシー」グループの1つとして2015年に開設され、新しい動物病院を立ち上げるのにあわせて、私が院長を任されたという形になります。総医院長である助川先生のもと、院長である私と複数名の獣医師や動物看護師、さらにグループ3つの動物病院が連携しながら、365日・年中無休で飼い主さんと大切なご家族を見守っています。
目にするだけで元気になるようなオレンジと白を基調にした院内には、2つの診察室に手術室、検査室、トリミング室などがございます。また、待合室の一角にはデリケートな性質の猫や小動物のための「思いやりゾーン」を設けているほか、入院室も犬・猫・エキゾチックで区切ることによって、動物たちがストレスなく過ごせるように配慮しています。

飼い主さんの気持ちに寄り添い、すべての動物にベストな医療を

原 一哉 院長

犬・猫を中心に、ウサギ、ハムスター、ハリネズミなどエキゾチックアニマルの診療をおこなっていることは、当院の特色の1つと言えるでしょう。私自身もウサギを飼っていますし、犬や猫と同じようにエキゾチックアニマルにも高い水準の検査や治療をおこなうことを目標にして、日々精進しています。ぐったりした様子で来院した子が、治療によって元気になって帰っていく、そんな姿を見ることは獣医師として本当に嬉しいことです。ただし、どのような治療法を選ぶのか、それは飼い主さんとご一緒に考えていくことになります。
たとえば、体に腫瘍が見つかったとして、積極的に抗がん剤治療をするのか、副作用で苦しませたくないとお考えになるのか。出来ることは何でもしてあげたいとおっしゃる飼い主さんもいれば、辛い痛みだけでも今すぐ取ってあげたいと希望される飼い主さんもいらっしゃいます。もちろん、医療に絶対はありませんし、飼い主さんのご意向によってもベストな治療法は異なってくるでしょう。私たちは、どのような状況においても動物たちのことを第一に考え、常に飼い主さんのお気持ちに寄り添いながら。それぞれのケースにおける「ベスト」な方法をご提案したいと思います。

デリケートな動物たちに配慮して、ストレスのない診療を心がける

動物たちは、人間のように話をすることができません。こちらの言葉を伝えるのが難しいだけに、診療する際には彼らに嫌われないようにして(笑)、無理やり押さえつけて検査をするようなことは決していたしません。その子その子のペースにあわせながら、できるだけ負担を少なくして無理のない診療をおこなうよう心掛けています。
とくにエキゾチックアニマルはデリケートな性質ということもあり、飼い主さんも彼らにストレスをかけまいと、受診をためらうケースが多いようです。しかし、エキゾチックアニマルは自らの病気を隠すという習性もあります。デリケートな性質でも病院に通っているうちに環境に慣れていくということもありますし、実際に診察をしてみないと詳しい症状が確認できないこともあります。ですから、大切な家族の一員のためにも安易に自己判断はなさらず、何か気になる症状がみられることがありましたら、お電話でも良いので早目にご相談いただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『ココニイル動物病院』は、JR「中野駅」「高円寺駅」からそれぞれ歩いて10分ほどの場所にあります。古くから人間と暮らしていた犬や猫と違い、エキゾチックアニマルの飼育については、検査や治療法が確立されているとは言えません。そのため、飼い主さんも不安になったり、心配になることが多いかと思いますが、彼らの様子に「いつもと違う」と感じることがありましたら、ぜひお早目にご来院ください。診察や治療はもちろんですが、食事やしつけなどを含めた飼育指導をさせていただくこともできますので、お気軽にご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2017年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

原 一哉 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:読書
  • 好きな本・愛読書:恩田陸
  • 好きな言葉・座右の銘:Don't feel,Think.
  • 好きな音楽・アーティスト:おかあさんといっしょ(娘と聴いています)
  • 好きな場所・観光地:北海道

グラフで見る『原 一哉 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート