中野区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(中野区)―

大蔵 隆一 院長/おおくら内科(東中野駅・消化器内科)の院長紹介ページ

大蔵 隆一 院長

RYUICHI OOKURA

病気の早期発見をめざして
「カプセル大腸内視鏡」を導入

大学卒業後、消化器内科を専門に経験を重ねる。幅広い診療をおこないスキルを磨き、「東中野駅」近くに開業。

大蔵 隆一 院長

大蔵 隆一 院長

おおくら内科

中野区/東中野/東中野駅

  • ●消化器内科
  • ●内科

両親ともに医師の家庭で育ち、特に父親からの影響力は大きかった

大蔵 隆一 院長

やはり大きいのは父親の存在でしょうか。父親が医師で、母親も医師の家庭で育ってきた人でした。
ただ、両親はよく「医者というのはなりたい人がなるべきもので、なりたくないのになる必要はない」と口にしていましたね。医者の息子だからって、無理やり跡をつぐべきではないと。ですがそう言われますとね、やっぱり医師になりたいなという気持ちになってしまうんですよね。不思議なものです。
内科を専門にしましたのも、父親の言葉がきっかけでした。「お前は臆病なんだから血をみるのは無理だろう。だから外科はやめとけ」と医学部に入学した後に言われましてね。父親と同じ内科はどうだ、と勧められたんです。ですが、僕が専門としている消化器科って内科のなかでも一番血を見る機会が多いんですよね。胃潰瘍なんて胃カメラしている目の前で出血してますし、吐血の方を処置する必要があります。
こうして思い返してみますとね、もしかしたらすべて両親の手のひらの上だったのかな、なんてね(笑)。でもやっぱり、内科医師になってよかったですね。後悔はありませんよ。

風邪や食中毒はもちろん、生活習慣病や花粉症の相談にも対応する

大蔵 隆一 院長

かぜやインフルエンザ、食中毒といった病気はもちろん、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病や花粉症などのご相談もお伺いしています。
また、私が消化器内科を専門としておりますので、お腹がつっぱって苦しい、という方も多く来院されます。とくに消化器の病気は、症状がなかなか出にくく、つい我慢してしまう方が多いのですね。ところが、胃もたれや便秘などといった症状に、重大な疾患が隠れていることもあります。
逆流性食道炎、胃炎、便秘症や過敏性腸症候群のほか、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となるピロリ菌の除菌なども得意としておりますので、気になる症状がある方はお早めに受診するようにしてくださいね。

超小型カメラを内蔵したカプセルを飲み込むだけの「カプセル大腸内視鏡」を都内で最初に導入

大蔵 隆一 院長

「カプセル大腸内視鏡」ですね。超小型カメラを内臓したカプセルを飲み込むだけの、新しい大腸の検査方法です。カプセル内のカメラが撮影した画像を記録装置に送り、その画像を見て大腸がんやポリープなどがないか、確認することができます。
当院ではカプセル大腸内視鏡を都内で初めて導入し、従来の大腸ファイバースコピーが実施困難であった方も、お体に負担をかけることなく、検査を受けていただけるようになりました。

「カプセル大腸内視鏡」で、不快感・心理的抵抗感の少ない検査を

まず検査の時間ですが、カプセルが出てくるまで4時間から5時間ほど必要ですね。通常の大腸内視鏡ですと、おしりから管が入っていくので、長くて10分くらい、下剤を内服していただくといった準備を含めても2時間から3時間ほどですので、ちょっと時間はかかりますね。
ですが、カプセルを飲むだけですので、検査中にまったく苦しい思いをしなくても良いのはメリットですね。とくに女性の場合は大腸のカーブがきついので、カメラが通るときにどうしても痛みが出てしまいますが、そうした心配もありません。また、おしりを見られたり、触られたりすることなく検査ができますので、心理的な抵抗感もより少なく受けていただけます。
平成26年からカプセル大腸内視鏡も、保険対象になりました。その適用については細かく定められていますので、ぜひ一度ご相談ください。

これから受診される患者さんへ

とくに消化器の病気は、検査しなくちゃいけない、というプレッシャーをもっていらっしゃる方がたくさんおられます。ですが、検査はあくまで「病気があるのか、ないのか」をはっきりさせるための手段にすぎないのですね。だからこそ、できる限り楽に検査を受けていただける、最新の検査器具を揃えています。
先ほどお話したカプセル大腸内視鏡のほか、胃カメラにつきましても従来のお口から入れるもののほか、鼻から入れるものもお選びいただけまして、ほぼ8割の方が鼻からの検査を希望されています。

検査方法ひとつをとっても、その人にあった方法があるかと思います。なるべく苦痛が少ない検査で診断をさっとつけて、元気に明るく帰っていただけるように、と考えております。消化器内科・内科が専門のおおくら内科は、JR東中野駅から徒歩1分、都営大江戸線東中野駅からは徒歩4分と来院しやすい場所にございます。どんなささいな事でも構いませんので、何か変だなと感じることがあれば、ぜひ気軽にいらしていただきたいですね。

※上記記事は2014.12に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

大蔵 隆一 院長 MEMO

消化器病専門医 /消化器内視鏡専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味:音楽鑑賞
  • 好きな映画:ファンタジア
  • 好きな言葉:謙虚
  • 好きな音楽:クラシック(ベートーベン、ブルックナー)
  • 好きな場所もしくは観光地:ウィーン

グラフで見る『大蔵 隆一 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート