中野区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(中野区)―

宇野 真二 院長/宇野医院(中野坂上駅・内科)の院長紹介ページ

宇野 真二 院長

SHINJI UNO

中野の町に根差して半世紀以上
地域に暮らす人々を地域の中で診る

東京慈恵会医科大学を卒業後、研修を経て同大学付属病院の第三内科学教室へ。内科全般の診療を幅広く経験した後、血液・腫瘍内科を専門に研鑽を積む。現在は、両親が開業した『宇野医院』を引き継ぎ、生まれ育った中野で診療を続ける。

宇野 真二 院長

宇野 真二 院長

宇野医院

中野区/中野/中野坂上駅

  • ●内科
  • ●小児科

両親が開業した医院を引き継ぎ、2代目院長に

宇野 真二 院長

『宇野医院』は1959年に両親が開業し、私は2代目ということになります。子供の頃から診療所兼自宅という環境に育ち、生活の中にはいつも「医療」があったという感じでした。医師という仕事の大変さを目にすることもありましたが、心のどこかに両親への憧れの気持ちもあったのでしょう。とくに「医者になるように」と言われたことはなかったのですが、私も自然と同じ道を選んでいたわけです。
東京慈恵会医科大学を卒業した後、研修を経て大学病院の第三内科学教室に勤務し、内科的な疾患を幅広く診療していました。その後、内科の中でも専門科が細分化されていき、私は悪性腫瘍を診る腫瘍・血液内科を専門とするようになりました。ここでは主に抗がん剤治療に携わっていたのですが、「患者さんの全身を診る」という点において、当時の経験はいま大いに役立っているように思います。

明るい雰囲気の院内で、質の高い医療を提供

宇野 真二 院長

1959年から続く『宇野医院』を引き継いだのは2004年のことで、私が院長になるにあたって設備面をリニューアしたんです。まず私がこだわったのは、エントランス部分の間口を広げること。こうすることで車イスの方でも不自由なくお越しいただける、バリアフリーにすることができました。また、私の妻にもアイディアを出してもらって、院内を明るい雰囲気に。壁紙やソファなどをやさしい色合いのものにして、患者さんに少しでもリラックスしていただけるような空間づくりを心がけました。
一方で、検査機器など医療設備の充実にもこだわって。心電図やレントゲンはもちろん、動脈硬化や白血球の数値を測定できる高品位な機器を導入し、迅速な診断・治療に役立てています。

家族ぐるみのお付き合いを続け、地域に暮らす人々を地域の中で診る

宇野 真二 院長

来院される患者さんは近隣にお住いの方が中心で、生まれたばかりの赤ちゃんからご高齢の方まで、年齢も性別もさまざまな患者さんがいらっしゃいます。当院では、内科のほかに小児科を標榜しており、大人の患者さんと子供の患者さんの割合は、6対4という感じでしょうか。父が診療していた当時はまだ子供だった方が、年齢を重ねて人生の大先輩となり、2代目である私に健康管理を任せてくださっていたり(笑)。3世代、4世代にわたって、家族ぐるみのお付き合いが続く患者さんも少なくありません。そうした地域に暮らす方々を地域の中で診ていくことが、当院の考え方です。
私は現在、医師会の地域活動の一環として、年に数回、行政・町会・ケアマネージャーの方々やボランティア団体などを交えた地域ケア会議に参加しています。必要なときには大学病院などへご紹介する病診連携とあわせて、地域のネットワークづくりを積極的におこなうことによって、1人1人の患者さんをベストな医療につなげていきたいと思っています。

1人1人の声に耳を傾け、それぞれの患者さんにベストな医療を

診療の際に心がけるのは、患者さんのお話をよくお聞きするということです。私自身、自分から話をするのはあまり得意ではありませんけれど(笑)。その分、患者さんのお話には丁寧に耳を傾けたいと思っています。患者さんが受診された目的について、体のことに限らず今心配なさっていることについて。患者さんの生活環境や家族構成なども含めて把握することで、それぞれの患者さんをベストな医療につなげたいと思っています。ときには、診療を嫌がる赤ちゃんが泣きだすこともあり、そんなときは「サッと素早く」を心がけますけれど(笑)。子育て中のママたちのお悩みにも寄り添い、不安なくお帰りいただけるようなお声かけも忘れずにいたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『宇野医院』は、東京メトロ「中野坂上駅」から歩いて10分ほどの住宅地で診療をおこなっています。地域密着型の医療機関として幅広い症状に対応し、皆様の健康をサポートしていきたいと思っています。子供たちの風邪など感染症の治療から、大人世代では生活習慣病の管理など。さまざまなニーズにお応えしておりますので、たとえささいなお悩みもお気軽にご相談ください。

※上記記事は2017年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

宇野 真二 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:読書
  • 好きな本:話題の作品、遠藤周作の作品
  • 好きな映画:邦画
  • 座右の銘:「病気を診ずして、病人を診よ」
  • 好きな音楽・アーティスト:日本のフォークミュージック(吉田拓郎、井上陽水など)
  • 好きな場所:箱根

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート