中野区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(中野区)―

轟 葉子 院長/とどろき皮膚科クリニック(中野駅・皮膚科)の院長紹介ページ

轟 葉子 院長

YOKO TODOROKI

病院で得た技術や経験を生かし、1人でも多くの方の皮膚の健康と美しさを願って

東京女子医科大学卒業後、順天堂呼吸器内科を経て、東京逓信病院皮膚科に長らく勤務。皮膚科医長を務め2003年に『とどろき皮膚科クリニック』を開院(JR中央線・東京メトロ東西線「中野駅」より徒歩2分)。

轟 葉子 院長

轟 葉子 院長

とどろき皮膚科クリニック

中野区/中野/中野駅

  • ●皮膚科
  • ●美容皮膚科

皮膚を通して、オシャレを実現

轟 葉子 院長

通っていた高校は男子生徒が多く、女子はクラスに2、3人ほどしかいませんでした。男子ばかりの環境だったものですから、大学は女子大に進もうと考え、その選択肢の中に母校である東京女子医科大学があったのです。
医師であった父からは、「一般の大学も良いけれど、これからは女性も手に職を持ったほうがいいのではないか」と勧められました。私としても、父の仕事に好感を持っていたことから、この道を選ぶこととしたのです。
大学卒業後、当初は「オールラウンドな知識を得たい」と考え、内科へ進みましたが、その後、皮膚科へ転属しました。今までの人生を振り返ってみると、私はとにかくきれいなモノが好きなようなのです(笑)。小学生の時に卒業文集って書きますよね。私はその文集に、「そこに行けばオシャレなことが何でも出来るビルを作りたい」と書いていました。まったくの偶然ですが、当院の入っているビルには、歯科やトレーニングジムなど、見方を変えればオシャレに通じるテナントさんが入っています。少しカタチは変わりましたが、小さい頃の夢が実現したような気がしますね(笑)。

お茶の間の延長線上にあるお医者さんでありたい

轟 葉子 院長

ご高齢の方もおられますし、お子さんも、お仕事をされている方もいらっしゃいますが、割り合いからすれば女性の患者さんが多いかもしれませんね。それは、皮膚というものへの興味が男性より女性が高いからということかもしれません。
大きな病院はまた違うかと思いますが、私のクリニックは、ご家庭のお茶の間の延長線上という存在でありたいと思っています。私が子供の頃のお医者さんは、なんだか話しにくくて威張ったイメージでしたけども、今はそうではなく、なるべく近い距離で、言いたいことが言えて、何でも相談できる存在でありたいのです。ですから、深刻な病気はもちろんですが、お化粧のノリが悪いとか、肌荒れとか、ほんの些細なことも相談に来ていただけるクリニックでありたいと思っています。
砂浜の黄色と海の青で統一されたクリニックのデザインは、私の好みに仕上げてあります。親戚のお家に遊びに来たという感じで、患者さんに少しでも寛いでいただきたいですね。

目に見えるものだけでなく、その内側にも目を向けて病気の解決をはかっていく

轟 葉子 院長

皮膚科は、精神的なものが大きく関係しています。ストレスで皮膚がかゆくなったり、蕁麻疹が出てしまうというのは、発生学的に神経と同じ「外胚葉」から皮膚も発生しているからかもしれません。ゆえに、皮膚を診ることも大切ですが、周辺に取り巻く、お仕事のことやお家のこと、なんでもお話しいただくことが治療にプラスになってくるのです。
当院ではアトピー性皮膚炎やニキビの治療にも力を入れていますが、これも同様です。お薬だけで問題が解決するというものではなく、お化粧品の使い方やお風呂の入り方など、生活の部分を見直していくことが解決への糸口になってきます。

2千例以上の実績を誇るレーザー治療

勤務していた病院にレーザーが導入されて以来、しみやあざに悩む多くの方々を治療してきました。当院で導入されているQスイッチアレックスレーザーは、500円玉程度の大きさのしみも、軽く輪ゴムにはじかれたくらいの痛みで、3分から5分でたちどころに治っていきます。レーザーが出てくる前は、しみやあざに対するものとして外科的な治療が唯一有効とされていましたが、短時間で後々のリスクもないレーザーは、その効果も含め、一番の選択肢になっていると思われます。
私は海が好きなのですが、「皮膚科医なのにそんなに日に当たって大丈夫?」とよく心配されたものでした(笑)。当然、しみも出来てしまうのですが、レーザーを自分で体験して、「こんなに簡単にキレイになるものなら、ぜひ患者さんにも」と実感し、始めました。
私は人生を楽しんでいただきたいと思っています。やりたいことも出来ず、我慢しているのは皮膚のためにも良くないことだと思うのです。先程のお話にも通じますが、きれいな皮膚はココロの内側から出てくるものだと思いますし、ご自身の気持ちをまず優先していただきたいものですね。

これから受診される患者さんへ

当院では、乾癬(かんせん)の専門医による専門外来を設けています。乾癬は、糖尿病などと同じく、一生付き合っていかなければならない病気です。但し、近年病態が解明されるとともに新しい治療薬が次々発売されて治療法も多様化しています。治りにくい発疹にはエキシマランプによる光線治療も行っています。この治療器は治りにくいアトピー性皮膚炎・掌蹠膿疱症・白斑にも有効ですので、お悩みを抱えている方はどうぞ一度ご相談ください。

女性だけではなく、どなたでも、何か皮膚でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。治療後の皆さんの笑顔が、私の明日への活力になっていきます。皮膚の健康と美しさを求めて、1人でも多くの方が元気に毎日を過ごしていただく助けになれたらと思っています。

※上記記事は2018年1月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

轟 葉子 院長 MEMO

  • 出身地:長野県
  • 趣味:ゴルフ、旅行、書道
  • 好きな本・作家:ロシア文学、旅に関する本
  • 好きな映画:007
  • 座右の銘:日々是好日
  • 好きな音楽:ボサノヴァ
  • 好きな場所・好きな観光地:南フランス・コートダジュール

グラフで見る『轟 葉子 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート