中野区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(中野区)―

陣内 賢 院長/新中野耳鼻咽喉科クリニック(新中野駅・耳鼻咽喉科)の院長紹介ページ

陣内 賢 院長

KEN JINNOUCHI

現状を良くするためにできることは無限にある。患者さんが希望を持てる医療を。

国立滋賀医科大学医学部卒業。日本医科大学耳鼻咽喉科に在籍。シドニー大学心理学教室めまい研究室に留学。帰国後、総合病院勤務を経て、2017年に『新中野耳鼻咽喉科クリニック』を開設(東京メトロ丸ノ内線「新中野駅」を出てすぐ)。

陣内 賢 院長

陣内 賢 院長

新中野耳鼻咽喉科クリニック

中野区/本町/新中野駅

  • ●耳鼻咽喉科

患者さんと一緒に、本物の医療を追求していきたい

陣内 賢 院長

一言で言えば、“そう育てられた”ということなのでしょう。実家は違っていましたが、親族には医療関係者が多くいました。明確に伝えられたわけではないのですけれど、親の希望を汲み取った部分もあり、また私自身、医療の世界を良いものと捉えていたところがあったかと思います。
耳鼻咽喉科の医師となったのは、この科が内科と外科、両方の側面があったことでした。また扱う分野も広いことから、選択後の可能性を多く考えられたという面もあったかと思います。
『新中野耳鼻咽喉科クリニック』は2017年に開院いたしました。患者さんの立場から、患者さんと一緒に本物の医療を追求していきたいと考えています。

どんな症状であっても、決してあきらめないで欲しい

陣内 賢 院長

病気には必ず原因があります。その原因を探すことに全力を尽くすことを心掛けています。よく、「年のせいだから…」ということを耳にしますよね。医者の側も「治らない」といとも簡単に口にしますけれど、その言葉が患者さんにどれだけの絶望感を与えるかを考えるべきでしょう。もちろん、聴力を若い頃と同じに戻せと言われても、それは難しいかもしれません。しかし、たとえば耳鳴りを即座に、完全に治すことは難しいとしても、今より弱めることは決して不可能なことではないと思うのです。患者さんの話に耳を傾けていますと、内に秘めざるをえなかったそうした不満が聞こえてきます。それは本当に何とかしないといけないと思いますし、医者として、患者さんに希望を持ってもらえるようにしていきたいのです。

治す術はないのかと問いかける姿勢が大切

陣内 賢 院長

特徴的な設備としては、耳を見る手術用顕微鏡があげられるかもしれません。これは見るために、所見をとるためにあるもので、患者さんにも画像を一緒にご覧いただきながら説明をおこなっていきます。言葉だけの説明ではなく、実際に見ていただくことで、患者さんも納得しやすいと思いますし、安心にもつながってくるでしょう。
設備の話をしましたが、それがあるから差が出来ると言うつもりはありません。自分に出来ることを精一杯やっていくこと。それに尽きるのではないでしょうか。1つ違いがあるとすれば、先にお話ししたように、あきらめずに診ていくという姿勢にあるかと思います。本当に治す術はないのかと常に自分に問いかける姿勢こそが、私の診療の根底にあると思っています。

1人ひとりの症状をきちんと見きわめ、適切な治療を提供

開院から日が浅いのですが、今のところ、比較的ご高齢の患者さんが多いと感じています。その中で特に力を入れて診ていきたいと思っているのが、風邪です。
風邪は、「治るまで待つもの」と思っておられる方も多いことでしょう。しかし、それゆえに困っている方が本当にたくさんいらっしゃいます。明日までに何とかしたい。今日の午後には動けるようにしたい。そうした思いに応えるためには、風邪について真剣に取り組まなければならないと思っています。通り一遍の治療では効果は望めません。何十種類あるお薬をどのタイミングでどう使うかによって結果は分かれます。患者さんのお話と所見から現在の状態を推察し、適切にお薬を用いることで、切れ味の良い治療が可能になるのです。
1つアドバンテージになるのは、私が漢方を使うことにあります。同じお薬として数えられるにしても、漢方のほうが応用が効き、合わせやすい側面があるのです。症状だけを診るのではなく全体を診る。漢方医としての視点が私の診療のプラスになっています。

これから受診される患者さんへ

医療サービスは、安全性と技術の高さに本質があります。接遇やホスピタリティも大切ですが、ともすれば今の医療の比重は、そちらに向かいがちな面があるように思うのです。本当に価値のある医療とは、個々の患者さんを理解した上で、その人に合った生活習慣や予防法の指導をすることにあると私は思っています。あまりに熱心に言うものですから、時にお節介に感じられることもあるかもしれません(苦笑)。しかし、口うるさく思われようとも、伝えるべきことをしっかり伝えることが、本当に患者さんのためになると私は信じています。

※上記記事は2017年8月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

陣内 賢 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:書道
  • 好きな本・作家:マスターキートン
  • 好きな映画:アクション、コメディ
  • 好きな言葉・座右の銘:致命遂志
  • 好きな楽器:ドラム
  • 好きな場所・観光地:ドバイ

グラフで見る『陣内 賢 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート