中野区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(中野区)―

登坂 正子 院長/ホリスティキュア メディカル クリニック(都立家政駅・内科)の院長紹介ページ

登坂 正子 院長

MASAKO TOSAKA

自分の体質を知り、最適な食事を摂り、吸収する

東京女子医科大学卒業後、同大学附属心臓血圧研究所入局。2005年医療法人淳信会理事長に就任、山口県で初の循環器専門医院「まさこメディカルクリニック」を開院。2017年、東京・都立家政に未病を専門とするホリスティキュア グループのクリニック、「ホリスティキュア メディカルクリニック」を開院。ホリスティキュア栄養ケアスタンドが隣接している。
著書に「超食事革命」、共著に「虚血性心疾患患者の生活習慣指導の指針」、「うつ病・強迫性障害治療における「私の処方No2」」等。医学博士。日本循環器学会認定循環器専門医、日本抗加齢医学会専門医、米国コロラド州NTI認定栄養コンサルタント。2014年、医師が選ぶ医師、「Best Doctors in Japan」に選出される。

登坂 正子 院長

登坂 正子 院長

ホリスティキュア メディカル クリニック

中野区/鷺宮/都立家政駅

  • ●内科
  • ●循環器内科
  • ●心療内科
  • ●皮膚科

病気になる手前の“未病”状態のときなら、何倍も早く楽に健康を取り戻せる

登坂 正子 院長

山口県で初めての循環器専門内科医院を長年運営しており、このとき原因不明だけど具合が悪いという方がたくさんいらしたんですね。これらの多くは不適切なサプリメント摂取による体内の有害金属の蓄積だったり、間違った食生活で体内のミネラルバランスが崩れていることが原因でした。なので、生活習慣病という言葉ができる以前から、毎日の暮らし方と食べ方こそが、ほとんどの病気の原因であるということは感じていました。
そして、この悪習慣による“未病”=病気になる手前の、しかし体は病み始めているという段階で、ケアを行うことこそが最も大事なことだとも日々確信していました。病気には、なってからでは遅い、なる前なら何倍も早く楽に健康になれるんです。そして未病は不定愁訴=病気とはいえないけれど調子が悪いという症状も引き起こします。元気で楽しく生活するためには、未病を解消することが不可欠なのです。
2016年、この“未病”ケアに特化した、今までにない新しい考えのクリニックを12月に東京に作りました。特徴は栄養学に注目したメソッドを取り入れること、体だけでなく心の状態もケアするホリスティック(=全体的)な医療施設であるということです。残念ながらまだ未病を治療するという概念が広まりきっていないので、充分なケアをするためには保険ではカバーできず、自由診療になります。ですが、そのぶん理想的な未病ケアを実現できるとも考えています。

気軽に体内検査が受けられる「栄養ケアスタンド」をまずは入り口に

登坂 正子 院長

ホリスティキュア メディカルクリニックに隣接されている栄養ケアスタンドでは、気軽に試していただけるよう、リーズナブルな価格で体内栄養バランス検査と食事指導が受けられます。ホリスティキュア メディカルクリニックでは本格的な検査や診療、未病対策に特化した人間ドックを行っています。
体のミネラルバランスの崩れや有害金属の蓄積量を調べるオリゴスキャン、体内の糖化度を測定して老化の進行を推測するAGEs測定、普段の食事内容を徹底的に調査して体質を判定する酵素体質チェック。この3つを「栄養ケアスタンド」で、それぞれ4,000円から13,000円で受けることができます。ここで問題が解決しないときには、クリニックで本格的に治療を行います。ここはおもに医学的に原因不明な症状の解決を薬なしで解決することを目指しています。さらに詳細に検査し未病を発見する当院独自の人間ドッグや、腸内フローラ検査等行い、その結果を見て、サプリメントや食事指導による治療と相談を行っていきます。
ホリスティキュアグループの2つの施設、どちらにおいても食事指導を丁寧に深く行います。普通は結果と、簡単な指導コメントで終わらせてしまうのですが、それとは全く違う綿密な指導も当院の特徴。できるだけサプリメントにお金をかけず食べ物から栄養素をとれるように、そしてそれらをどうやって最大限吸収させるのか。かつ、どうしたら毎日の生活で実践できるか、を一緒に考えていきます。正しい方法も日々実践できなければ意味がないからです。
心も体も、すべてについてご相談に乗ります。心の持ち方が、予後をどれだけ明るく変えるかということも、山口のクリニックでたくさん症例を見てきたので、栄養素バランスが原因の鬱や不安症などのケアも積極的に行いたいのです。そしてこれら診療のなかで明らかな病気が発見されたときは母校の東京女子医大病院はじめとする連携病院での保険診療による精査をおすすめしています。

忘れられがちな事実=どの栄養素が“効く”かは人によって異なる、ということ

登坂 正子 院長

食べ物こそが人をつくります。その人に合った栄養素をつきとめ、それを最大限吸収できるよう体を整えることが健康の基本です。そのためには、まず自分の体質、状態をきっちりと見極め、なにが必要でなにが過剰なのか知らなければならない。
というのは、食事法の指導で一番肝心なことは“その人にあった方法”であるということだからです。人によって食べるべきもの、避けるべきものは違います。世の中には様々な健康法がありますが、それはすべて“その人に合っていれば”効果がある、という大前提がある。でもこの一番大事なところが忘れられがちで、だからテレビなどで“玄米がいい”“糖質カットがいい”などと報道されると、全員が飛びつくなんてことが起こるんですね。でも本当は、合う人もいれば合わない人もいるのです。効かないだけでなく、ある人には薬になるものが、ある人には毒になりもします。ですから、まず詳細な検査で自分の体を知ることが必要になるのです。その人にぴたっとはまる食事法、栄養摂取ができれば、不調の多くは改善されるはずです。

結婚、妊娠前の若い女性こそ、“未病ケア”で万全の出産体勢を整えてほしい

このクリニックは結婚前の若い人から更年期障害に悩む中高年、そして認知症予防を求める高齢の方まで、すべての年代の人に役立てると考えています。そのなかでも、とくに来てほしいのは結婚前、これから出産する若い方たちです。自覚症状はなにもなくても、体内は元気な子供を産める状態でなくなっている可能性もあるのです。ですから、未病という言葉がもっともっと常識的に知られ、痛みはなくても自分の体をチェックし、ケアすることが当たり前になってほしいと思っています。
ただ、どうしても若い人は、こういう検査や診療にお金はかけませんよね。痛みや不調の自覚がないのですから当たり前なのですが…。出産前の若い人に、どうしたら意識を向けてもらえるだろうか…と考えて、エステティックサロンを併設するプロジェクトをスタートさせました。美容なら、若い人も大いに関心があるでしょう。
サロンを始めると決めた一番の理由は、効果を実感できる化粧品と出会ったからです。化粧品というものは、通常エビデンスがありません。有害でないと証明された商品はたくさんありますが、効果があると証明されたものはほとんどないのが実情です。ただ、今回出会った化粧品は通常分子が大きすぎて皮膚の角質層に届かない生コラーゲンをナノカプセルに巻きつけて浸透させるという手法で特許を取り、そして実際肌にどれくらい浸透されるのか、ということのエビデンスがあることに驚きました。以前から考えていた「医、食、美」の3つを繋ぐ「健康美」を実現したいという思いにも叶うプロジェクト、栄養ケア+生コラーゲン導入エステ「ホリスティキュア ビューティ」は2017年10月28日から本格的に稼働します。

これから受診される患者さんへ

山口でこのクリニックの構想を練っていたときは、東京なら“未病”という言葉が定着し、広まっていると考えていました。実際来てみたら少し予想と違って、この言葉も概念もまだまだ知られていないんだなと実感し、どうしたら未病ケアを広められるか考えた挙句、体内のミネラルバランスの崩れは美にも関係しているところから知ってもらうことで広めていきたいと考え、「医・栄養・美をつなぐホリスティキュア ビューティ」をスタートします。まずは「栄養ケア+ラメラエステ」で美しくなっていただきながら、未病ケアにも関心を持っていただきたいと考えています。病気というのは、ある程度進行しないと検査結果として出てきません。“なる直前”の未病状態が実はとても長いんです。ですから、とくに痛みや異常がなくても、常に自分の状態を知ろうとする姿勢が大切です。例えば妊娠前なら、未病ケアによって妊娠する基礎力のアップが図れます。妊活としても使っていただきたいですし、ブライダルエステのようなものだと捉えてもらってもいい。
クリニックは西武線「都立家政」駅から徒歩3分と近く、天然木をふんだんに使ったインテリアにして、どなたかのお宅に来たような居心地の良さを感じてもらえるよう、しつらえました。ここで心も体もすべての悩みの相談に乗りたいと思っています。内臓の健康は、必ず外見にもあらわれます。健康でいるだけでなく美しくいるためにも、体の中に関心を持ってほしいですね。

※上記記事は2017年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

登坂 正子 院長 MEMO

  • 出身地:山口県
  • 趣味:津軽三味線 洋画鑑賞
  • 好きな街:ボストン

グラフで見る『登坂 正子 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート