中野区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(中野区)―

小林 将人 院長/sara歯科クリニック野方(野方駅・歯科)の院長紹介ページ

小林 将人 院長

MASAHITO KOBAYASHI

「歯医者=恐い」というイメージを払拭しながら
最先端の歯科治療を実践

大学卒業後、都内の歯科医院に勤務し、幅広い診療を経験。2014年に「野方駅」そばに開業。

小林 将人 院長

小林 将人 院長

sara歯科クリニック野方

中野区/野方/野方駅

  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科

父と同じ歯科医師になり、最先端の歯科治療を実践

小林 将人 院長

図工や美術とかが好きだったんですよ。ですから、美容師になることを夢見ていた時期がありました。手先を使うということでは、共通点があるのかもしれませんね。
私は、歯科医師として3代目にあたります。父は今も郷里の新潟で現役の歯科医師として働いていますが、父としてはやはり歯科医師になって欲しいという希望を持っていました。自分の夢をとるのか、それとも父の夢をとるのか。迷いましたけど、小さい頃から父の姿を見ていて好感を持っていたこともあり、この道を選びました。
大学を卒業した後は、都内の複数の歯科医院で研鑽を積みました。最初に勤めたのは赤坂にある歯科医院で、そこでは歯科の基礎と呼ぶべきものをしっかりと身に付けることが出来たと思っています。そのあとは渋谷で、そちらではインプラントについて、そのまた次には麻布で、そこでは義歯を扱うことが多くありました。行くところ行くところで特徴があり、非常に有用な経験を積むことが出来たと思っています。
『sara歯科クリニック』は、2014年の11月にこの地(西武新宿線・野方駅から徒歩2分)で開院致しました。開院をするにあたり、実は少々恐いとは思っていたのです。なにしろそれまで、赤坂や青山、渋谷や麻布といったところで診療をおこなっていたものですから。しかし、逆に考えれば、そちらでおこなっていた診療をこの地でおこなうことに意味があると考えました。今の最先端の治療を、地元で気軽に受けていただけるようにと思っています。

「歯医者=恐い」というイメージを払拭するような、やわらかい歯医者さんに

小林 将人 院長

当クリニックでは土日診療をおこない、平日も21時まで診療をおこなっています。やはりこのご時世、18時や19時に仕事から上がれるという方は少ないでしょうし、その点は配慮していきたいと思っています。また、クリニックにはキッズスペースのご用意もありますので、小さなお子さまにもご利用いただきやすいのではと考えています。
「歯医者=恐い」というイメージをお持ちの方はまだまだたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そのお気持ちを少しでも解消すべく、外から中を垣間みれる造りになっています。どんな雰囲気なのか。どんな人が働いているのか。多少なりとも伝えることが出来ればと思っています。
クリニックに冠した「sara」ですが、恥ずかしながら、これは私の子供の名前を拝借しました(笑)。名は体を表すと言いますが、名前に負けないようなやわらかい歯医者さんでありたいと考えています。

最新の医療機器を備えて、質の高い医療を提供

小林 将人 院長

保険診療を前提に、複数の治療プランをご提案させていただいています。保険診療はベースであり、それを中心としながら、その先のニーズにも応えていくのが私たちの役割と考えています。そしてそれを可能にするには、それに応じた設備が必須となります。CTの用意は、その一例と言えるでしょう。CTはインプラント治療等には欠かすことが出来ない設備であり、これにより、より精緻で安全な治療が可能になります。CTの用意がなければ、患者さんに別の場所に足を運んでいただかなければならず、そうした負担も取り除かれることになってきます。
最新の機器としてはその他に、歯科用拡大鏡サージテルがあります。これを使えば肉眼よりはるかに精細な視界を得られ、処置をおこなう際に余計な場所を削ったり、問題のある箇所に気づかないといったことを避けることが出来ます。
治療の質を高めるため、患者さんのニーズに応えるため、今後も最新の機器を積極的に導入していきたいと考えています。

さまざまなツールを駆使して、目で見てわかりやすい説明を

アニメーションを使った説明ツールを使用しています。やはり、歯医者さんの治療ってわかりづらいものですよね。口頭でいくら説明をされてたとしても、充分に理解するのは難しいと思います。アニメーションでは、「虫歯とは何か」「虫歯はどのように進行していくか」といったことから解説をおこなえるようになっています。もちろん、治療の過程も“見てわかる”ようになっていますので、患者さんの理解の助けになると考えています。
わからないまま治療に臨まれるようなことはしたくありません。患者さんが不安な気持ちを持つことは、出来る限り避けるべきでしょう。月並みな言葉になりますが、どれだけ患者さんにご満足いただけるかどうかということが重要です。そのためにも様々なツールを活用し、納得して治療を受けていただけるよう、心を尽くしていきたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

実用性を重視した治療をモットーとしながら、歯を美しくするご希望も叶えていけたらと考えています。エアフローをご存知でしょうか。歯の着色をおとりする機械になりますが、吹き付けるパウダーの粒子が細かいために痛さを感じることもなく、歯と歯の間の汚れまでをきれいに落としきることが出来ます。歯の汚れが気になる方は、是非お試しいただければと思います。

土台が悪ければ、どんなに良い治療をしたとしても、どんなに良い歯を入れたとしても良い結果は得られません。だからこそ、予防歯科の概念が重要になってきます。虫歯の場合、痛みがあってから治療をしても間に合わすことは可能かもしれませんが、これが歯周病になりますと、症状が出てからでは遅いケースが多々あります。クリニックでは、定期検査の際、歯周ポケットの計測と並行して骨の状態をレントゲンで確認することもおこなっています。今の状態を把握することで、より一層日々のケアに力が入ることになりますし、今後の重要な目安とすることにもなってきます。
痛くなる前に、どうぞ歯医者さんにいらしてみてください。あなたの歯の健康を守るために、定期的に歯を診てもらう習慣を付けていただくことが大切です。

※上記記事は2015.4に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

小林 将人 院長 MEMO

  • 出身地:新潟県
  • 趣味:子供と遊ぶ
  • 愛読書:音楽雑誌
  • 好きな映画:ドキュメント、サスペンスもの
  • 好きな言葉:大胆かつ繊細に
  • 好きな音楽:ハードロック
  • 好きな場所:海の見える場所、京都

グラフで見る『小林 将人 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート