中野区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(中野区)―

佐川 秀樹 院長/佐川歯科(東中野駅・歯科)の院長紹介ページ

佐川 秀樹 院長

HIDEKI SAGAWA

自分の母親を診るように、丁寧に優しく
痛みのない歯科治療を

大学卒業後、都内の歯科医院で診療を続け、知識と技術力を高める。豊富な経験をもとに、「東中野駅」近くに開業。

佐川 秀樹 院長

佐川 秀樹 院長

佐川歯科

中野区/東中野/東中野駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科

子どもの頃、自分自身が歯でとても苦労したことがきっかけで歯科医の道へ

佐川 秀樹 院長

お恥ずかしい話ですが、子供の頃は歯で大変苦労しました。「味噌っ歯」という言葉をご存知でしょうか? 本当に、歯が味噌を食べたように真っ黒になっていて、痛い思いをしたものでした。
私が通った高校は、医師を目指している人が多くいました。みんなと同じように医師になるのも1つの選択肢でしたが、私は歯で苦労しましたし、手先が器用なこともあり、この世界を志すようになったのです。散々痛い思いをしましたから、今度は痛くないように治療をして差し上げられるようになりたいと考えたのですね。
大学を卒業後、有楽町の交通会館にある先輩の医院に勤務し、そこでみっちり基礎を積み上げ、1988年に『佐川歯科』を開院いたしました。父は、この場所でワイシャツ屋さんを営んでいました。本当に腕の良い職人で、私の手先の器用さも父からの受け継いだものかもしれません。その父がそろそろ引退を考えるということになり、この場所で歯科医院を開かせてもらったのです(JR総武線・東中野駅より徒歩5分)。

人体との親和性が高く、抗菌性にも優れた「ハイドロキシアパタイト」をコーティングしたインプラントはご高齢の方にも安心

佐川 秀樹 院長

近隣の方はもちろんのこと、昨今はインターネットを見て、遠方からいらしてくださる方も多くなりました。セラミック治療やホワイトニング、そしてインプラント治療の相談が多いですね。
私は東京医科歯科大学の専攻生として、インプラントを使用した組織学的研究で歯学の博士号を授かりました。休診日はもちろん、毎夜、診療後もお茶の水まで移動し、遅くまで顕微鏡をのぞいたり、論文を書く生活を10年続けました。患者さんをこちらで診ながらの勉強は本当に大変でしたが、あの時代に懸命に勉強したことが今に生きているのだと思います。
当院ではハイドロキシアパタイトという、人間の骨にきわめて近い材料をチタン表面にコーティングしたインプラントを主に扱っています。人体との親和性が高く、また抗菌性にも優れていますので、お年を召した方でも安心です。手術の際には、痛みを極力取り除いて差し上げるように気を配っています。丁寧に、そして優しくおこなえば痛みが出ることはほぼありません。不安の強い方については静脈内鎮静法を用いて、半ば眠りながらの治療もおこなっています。

恩師からの教え「自分の母親を診るように、丁寧に優しく、痛みがないように」を守りながら治療していく

佐川 秀樹 院長

恩師からは、自分の母親を診るように、丁寧に優しく、痛みがないように治療をしなさいと教えられました。当時も今も恩師の教えを守り、診療をおこなっているつもりです。
また、当院ではインフォームドコンセントを重視しています。診査診断を経て、治療計画や費用につきましても細かくご説明をし、患者さんと話し合って治療方法を決めていきます。ご不明な点があれば何度でもご説明させていただきますので、どうぞ遠慮なくご相談ください。

患者さんにお口の健康に関心を持っていただきたいという思いから、院内新聞「ハッピータイム」を毎月発行

すべての患者さんに対し、どこに虫歯があり、どこに欠損部位があるかといったことを示したデータをプリントアウトし、治療終了後にお渡ししています。お口の健康手帳には、その方の歯みがきの推移・結果を評価したデータも含まれます。ご自分で歯みがきをどれだけがんばってきたかが数値で表してありますので、患者さんも励みになるようです。ご兄弟でいらしていて、「今日は私の方が良かった」と張り合われ、どんどん歯がきれいになっていかれる方もおられましたね。
当院ではまた、「ハッピータイム」なる院内新聞を毎月発行しています。歯に関する知識はもちろん、その時々で私が気になったことをトピックとして記した内容となっています。さまざまな機会を通じ、お口の健康に関心を持っていただければうれしいですね。

これから受診される患者さんへ

ご存知かもしれませんが、一般に欧米諸国では歯の治療が高額ですので、みなさん、歯を大切にする習慣が根付いています。あちらでは、美容室に行くよりも歯科医院に行くほうが頻繁なのです。映画の中でも、「今からどこへ行く?」「歯科医院でクリーニングだ」といったシーンがあるくらいですから。痛くなければ来たくないのが歯医者さんかもしれませんが、クリーニングの気持ちよさを実感していただき、きれいを普通にしていただければと思います。
いくつになっても、何でも美味しいものをバリバリ食べられる。これは1つの幸せだと思います。患者さんがずっと健康で、そして笑顔で過ごしていただけるよう、歯科医師の使命として、虫歯フリー、歯周病フリーを目標としていきます。

※上記記事は2016.4に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

佐川 秀樹 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ボディボード、スキー、テニス
  • 好きな作家:三島由紀夫、夏目漱石
  • 好きな映画:スター・ウォーズ、ベン・ハー
  • 好きな言葉:誠実
  • 好きな音楽・アーティスト:クラシック/チャイコフスキー、コブクロ、Misia
  • 好きな場所:湘南

グラフで見る『佐川 秀樹 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート