中野区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(中野区)―

伊組 公郎 院長/いぐみ歯科矯正歯科(中野駅・歯科)の院長紹介ページ

伊組 公郎 院長

KIMIO IGUMI

自らの経験をもとにしたアプローチで
歯医者嫌いの方にも安心の歯科医療を

大学卒業後、都内の歯科医院に勤務。幅広い歯科治療を経験するほか、自ら経験した矯正治療(インビザライン)における知識を深める。「中野駅」から徒歩5分の場所にて開業。

伊組 公郎 院長

伊組 公郎 院長

いぐみ歯科矯正歯科

中野区/中央/中野駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科

自らの経験をふまえて、目標を「教師」から「歯科医師」に

伊組 公郎 院長

両親が教師をしていたこともあって、私もはじめは「生物」の先生になろうと思って大学に通っていたんです。ところが、いざ就職という段階になって、自分がこの社会で本当に貢献できる分野は何か、と考えるようになりました。実は私自身、幼少時代から歯のトラブルに苦労することが多くあり、いわゆる「歯医者嫌い」だったんですよね(笑)。それならば自分の経験をいかし、歯科治療に苦手意識を感じている方と歯科医療の橋渡しができないものかと考え、思い切って歯科大学に編入したんです。
九州歯科大学を卒業後はすぐに東京に戻り、勤務医としてたくさんの患者さんを診療してきたほか、私自身の歯科治療をお願いする機会もありました。そんな中で出合った「矯正治療」に感銘を受けたこと、また歯科医師を志すきっかけとなった「歯医者嫌い」の方のための歯科医院をつくりたいという想いから、『いぐみ歯科矯正歯科』の開設に至りました。

患者側の負担が少ない「インビザライン」矯正

伊組 公郎 院長

院名にもある「矯正歯科」については、私自らが2つの方法を経験しています。1つは、いわゆるワイヤーを使用したもの、そしてもう1つが当院の推奨する「インビザライン」です。
両方の経験者である私が自信をもって「インビザライン」をおすすめする理由は、何よりも患者さん側の負担が圧倒的に少ないからなんです。ワイヤーによる矯正治療中は、患者さんが自由に取り外しをすることができません。食事などをしていて、ちょっとワイヤーが外れてしまうと、思いがけず口の中を傷つけてしまう、といったケースもあるんですよね。
一方の「インビザライン」は、1日20時間以上の装用を守っていただけば、食事や歯磨き時に装置をご自身で外していただくことが可能なんです。従来のワイヤー型矯正装置の場合は葉物(ほうれん草など)がワイヤーやブラケットに絡みやすかったり、餅などがくっつきやすかったりして、食べ物がおいしく食べられないことがありましたが、「インビザライン」なら食事を楽しみつつ、矯正治療ができるのです。
それから、薄い透明な樹脂で作るマウスピース型ということで、矯正治療中であることを周囲に気づかれるという心配も少ないですし、ワイヤーやブラケットと異なり、お口の粘膜を傷つける心配もございませんので、心身両面において患者さんのご負担が軽くなると言えるのではないでしょうか。
さらに、従来型の矯正装置のように歯垢が沈着することもありません。取り外して普段通りのブラッシングができますので、お口の汚れも落としやすく衛生的であることもオススメするポイントですね。
金属アレルギーの心配もありませんので、ワイヤーによる矯正を諦めていた方でも安心して矯正治療を受けていただけますよ。
小さなお子さんであれば、アゴの成長を促す「床矯正」が適用となりますが、当院では犬歯が生えかわる11歳前後から「インビザライン」をおすすめしています。
そう言えばつい先日、当院で矯正治療を終えられたお嬢様のイキイキとした様子をご覧になって、72歳になるお母さまも矯正治療をスタートされたんですよ(笑)。

痛くない・怖くないをモットーに、歯科全般を診療

伊組 公郎 院長

『いぐみ歯科矯正歯科』では、院名のとおり歯科全般の診療と矯正治療を行っています。歯科治療のなかでも矯正治療を希望される患者さんとは、年単位の長いお付き合いになることが多いもの。開業を決意した背景には、私自身が院長になることによって、それぞれの患者さんの治療経過を、責任をもって見守りたいという想いもありました。
当院では、歯医者嫌いだった私の経験をふまえて、「痛くない・怖くない」をモットーにした診療を行っています。お口のトラブルを抱えて不安な気持ちで来院される患者さんのため、お一人おひとりに寄り添った対応を心がけておりますので、たとえ小さなお悩みであってもお気軽にご相談いただきたいと思います。とくに、見た目の美しさが手に入るだけでなく、虫歯や歯周病の予防という意味からもおすすめしたい矯正治療は、当院の大きな柱となっています。矯正治療をスタートするのに、早すぎる・遅すぎるといったことはありませんので、少しでも気になることがありましたら、ご来院ください。

分かりやすい説明を心がけ、患者さんの不安を解消

当院には、小さなお子さんから学生さん、80代のご高齢の方まで、年齢も性別もさまざまな患者さんがいらっしゃいます。そうした患者さんに対して私がご提供しているのは、「自分がしてほしい」と思う歯科治療です。自らの治療経験をもとに、患部を拡大して確認できるマイクロスコープを導入。精密で確実な治療を行うことはもちろん、「痛くない・怖くない」という部分については、とくにこだわりを持って診療を進めています。
お口の中は患者さんご自身が直接みることができませんので、どうしても「何をされるか分からない」と不安な気持ちになるもの。そのため、お口の中を撮影した画像やレントゲン写真などをご一緒に確認しながら、分かりやすく丁寧にご説明することを心がけています。たとえ歯を抜くことになったとしても、患者さんが納得して治療を受け入れてくださるように。たくさんお話をして、ご一緒に考えながら、たしかな信頼関係を築いていきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『いぐみ歯科矯正歯科』は、JR・東京メトロ「中野駅」南口から徒歩5分の場所にあるビル2階にて診療を行っています。かつての私もそうでしたが、歯科医院での治療が苦手で、しばらく足を向けていないという方も多いのではないでしょうか。たとえお口の中がどんな状態であっても、私は決して怒ったりしませんので(笑)、ぜひ一度お口のチェックにいらしていただきたいと思います。必要な歯の治療が終わったら、次は定期的なメインテナンスを心がけ、お口の健康をキープしていくといいですね。
今後は、日本語だけでなく、英語や中国語もマスターして、歯科治療にお困りの外国の方もサポートできたらと考えています。歯科治療の充実はもちろん、虫歯や歯周病を予防すること、そのための矯正治療についてもさらにレベルアップしていきたいと思います。

※上記記事は2017年1月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

伊組 公郎 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ジョギング、映画鑑賞
  • 好きな本:村上春樹
  • 好きな映画:7人の侍
  • 好きな言葉・座右の銘:一期一会
  • 好きなアーティスト:マルーン5
  • 好きな場所:高円寺

グラフで見る『伊組 公郎 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート