中野区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(中野区)―

山田 篤史 院長/方南町あつし歯科(方南町駅・歯科口腔外科)の院長紹介ページ

山田 篤史 院長

ATSUSHI YAMADA

方南町でお口の総合的な治療を。
内科と連携した地域密着の歯科治療を提供。

神奈川歯科大学卒業。王子リボン歯科・矯正歯科、沼袋ソレイユ歯科・矯正歯科に勤務し、2017年4月に『方南町あつし歯科』を開院(東京メトロ丸ノ内線「方南町駅」より徒歩2分)。

山田 篤史 院長

山田 篤史 院長

方南町あつし歯科

中野区/南台/方南町駅

  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科

内科と連携をとった総合的な歯科医療の実現を目指して

山田 篤史 院長

内科の開業医である父から、幼い頃より医療の話を聞かされていて、それがこの世界に興味を持ったきっかけになったかと思います。中で歯科を選んだのは、お恥ずかしい話ですが、私自身、子供の頃に歯で悩んだことがあったからです。そこから大学に進み、さまざまなものを学んでいくうちに、お口の健康を全身につなげていく、今の考え方が培われてきたということになります。
『方南町あつし歯科』は、2017年の4月に開院いたしました。父のクリニック(『山田クリニック』山田 和人 院長)が隣にあることで、今後、少しずつ内科との連携を形にしていければと思っています。一般に糖尿病の方は、歯ぐきが腫れやすいといった傾向があります。また、飲まれているお薬に関しても、内科と連携することで適切な対応をとれることもあるでしょう。より多面的な診断がおこなえることで、お口から全身の健康へとつなげていく総合歯科医療を提供していきたいと思っています。

小さなお子さんからご高齢の方まで、あらゆる方が利用しやすい歯科医院に

山田 篤史 院長

入り口からバリアフリー仕様となっており、診療室も通常より広めにスペースをとってあります。小さなお子さんといらっしゃると、お母さんも心配で治療に集中できませんよね。こちらではベビーカーも一緒に診療室に入れるようになっていますから、安心して治療に臨んでいただけます。
また、キッズルームにはソファーが置いてありますが、これはお子さんが遊んでいる時にお母さんも一緒にいられるようにとの配慮です。『方南町あつし歯科』では、小さなお子さんからご高齢の方まで、あらゆる人がリラックスして治療を受けていただける体制を整えています。

予防を中心に、患者さんが納得して受けられる歯科医療を

山田 篤史 院長

予防を軸に置いた歯科医療を提供していきたいと考えています。歯は、病気になるたびに使える年数が減る可能性があります。たとえば、虫歯になって歯を削れば、そのぶん寿命が減る可能性が出てきますし、神経をとってしまうと、確実に寿命は縮まります。そういう事態におちいらないよう、子供のうちからの予防を考えていただきたいのです。
ただし、その考えを一方的に押し付けることはありません。歯みがきの仕方であったり、その人が取り入れることから始めていき、徐々に徐々に段階を踏み、ご理解いただけたらと思っています。
当院ではご自身のお口の状態を理解していただくために、レントゲンと口腔内写真を撮り、ご覧いただいています。レントゲンの画像は一般の方にはわかりにくいものですし、お口の中の写真を見せてあげたほうが、より自分の状況が把握しやすいと思うのです。できる限りわかりやすい説明を心掛け、ご自身のことをご理解いただけるよう努めていきます。

お口全体を見つめ、咬み合わせにも着目した治療を提供

治療はもちろんですが、それ以前のこと、お口全体を診て、なぜ病気になったのかという原因を考え、その原因にさかのぼった根本的な治療をおこなっています。中でとくに重要視しているのが、咬み合わせです。咬み合わせが好ましくない状況にあることで、虫歯や歯周病を悪化させることがあるからです。
咬み合わせは、いわゆる補てつ治療だけで事足りないケースもあります。当院では咬み合わせを是正する矯正治療を取り入れています。矯正については、一般的なワイヤーを用いた矯正の他、マウスピースによる矯正もおこなっています。ワイヤーを用いた矯正は目立つものですから、患者さんによっては抵抗のある方も多いものです。マウスピースが適切かどうかは、その方のお口の状態によるのですけども、選択肢として有用なものだと認識しています。
そうした状況を判断する際に重宝するのが、セファロレントゲンです。一般に用いられるレントゲンでは、矯正のために必要な情報を充分に得ることができません。当院では歯科用CTも導入していますが、治療の前の正しい診断が最も大切と考えています。

これから受診される患者さんへ

歯医者さんに対して、「痛い」「怖い」といったイメージを持たれている方は少なくないと思われます。しかし、その痛さや怖さゆえに歯科医院を敬遠し続けていますと、逆に痛い処置をせざるを得ない状況におちいってしまうのも事実です。お口のことで何か気になることがあれば、お気軽にチェックにいらしてください。そしてまた、定期的に歯科医院を訪れる習慣をつけていただければと思います。『方南町あつし歯科』では、極力痛みが抑えられる治療をおこなっています。リラックスできる環境を整え、皆さんをお待ちしています。

※上記記事は2017年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

山田 篤史 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ラグビー
  • 好きな本:Number
  • 好きな映画:SF
  • 好きな言葉:努力
  • 好きな街:横須賀

グラフで見る『山田 篤史 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート