中野区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(中野区)―

金切 好孝 院長/沼袋ソレイユ歯科・矯正歯科(沼袋駅・歯科)の院長紹介ページ

金切 好孝 院長

YOSHITAKA KANEKIRI

各分野のスペシャリストが集結し
患者さんにとって安心の歯科医療を

大学卒業後、開業医のもとでインプラントを中心にした診療をおこなうほか、矯正治療を専門に研鑽を積む。3つの歯科医院の院長を経験した後、「沼袋駅」近くに開業。

金切 好孝 院長

金切 好孝 院長

沼袋ソレイユ歯科・矯正歯科

中野区/沼袋/沼袋駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科

より身近な存在で、生活の質や人生をより楽しく生きるためのサポートをすべく選んだ道

金切 好孝 院長

高校生の時の文化祭が医療に興味を持つ端緒となりました。高校の文化祭といえば、普通はお化け屋敷をやったり、屋台をしたりしますよね。ところが当時の担任の先生が少し風変わりな方で、「もっと文化的なこと、今話題になってるものをとりあげて発表するのはどうか?」ということになったのです。それでテーマとしたのが、エイズ。発表にあたって色々と調べていくうちに医療への興味が段々と膨らんでいき、やがて、それは具体的な目標となっていきました。
私の興味はお医者さんか歯医者さんの2つに絞られ、より身近な存在で、生活の質や人生をより楽しく生きるために貢献出来るのではないかと考え、この道を選ぶに至ったのです。

大学を卒業後は、インプラントを中心に手掛けておられた歯科医院に勤務しました。当時、まだ新しい技術であったインプラントに純粋な興味を感じていましたし、大学に残るよりも臨床の機会が増えると考えての選択でした。
そちらで3、4年が経過した頃だったと思います。神奈川歯科大学の佐藤貞男教授が、私の勤務する医院で実際に矯正をおこなう機会がありました。佐藤教授はただ歯を並べるのではなく、あごの関節にダメージを与えない噛み合わせを作っていくことを提起されていました。私は教授とお会いし、その考えに刺激を受け、集中的に学びたいと考えるようになったのです。
その佐藤教授から薫陶を受けられた先生がいます。先生は、教授の教えをより臨床に沿った形で実践されており、私はその先生のもとで矯正を中心とした実践と勉強の日々を送ることになりました。
その後、矯正はもとより、3つの歯科医院を立ち上げその運営を任されるという得難い経験をすることが出来ました。しかし、同時に複数の院長を兼務していますと、「今日はここに居るけど、明日は違う医院で…」という状況も珍しくなくなってきます。患者さんからしてみると、それは非常に不安になることですよね。
大学を卒業した頃から、私は患者さんと常に接して仕事をしていきたいと考えていました。その原点に立ち戻り、1人ひとりの患者さんと時間を掛けて向き合っていきたいと考え、西武新宿線「沼袋駅」より北へ徒歩5分程のこの場所に歯科・小児歯科・矯正歯科を標榜する『沼袋ソレイユ歯科・矯正歯科』を開院するに至ったということなのです。

審査・診断を重要視して、患者さんの安心を形作る

金切 好孝 院長

審査・診断ということを非常に重要視しています。その人のお口の中を拝見し、問題点を抽出した上で、その人にとってのゴールを最初の段階で設定することは非常に重要なのです。今のお口の状況をお示しし、同時に治療の過程を明らかにしていく。「虫歯を削ります」と言われたとき、どこに虫歯があり、治療の過程のどこに当たっているのかがわかっていれば、患者さんとしてもそこまで怖くはないと思うのです。きちんと理解していただき、不安を払拭する。審査・診断を重要視することにより、患者さんの安心を形作っていくことが可能になると考えています。

矯正、インプラント、根管治療など、それぞれのスペシャリストと協力し、患者さんにベストな治療をご提案

金切 好孝 院長

インプラントも矯正も審美も、ゴールにたどり着く手段に過ぎません。大事なのはトータルに考えて、その人のお口をどう導けば問題がなくなるのかということ。突き詰めれば、いかにしてその人を幸せにするかということなのです。
それを為していくためには、どれか1つでも私が知らない分野があっては、その人に合った計画を立てることは出来ません。これまで培ってきた知識を結集し、総合的な視野に基づいて正解を求めていく必要があるのです。
もちろん、個々の分野に関しては、それぞれにスペシャリストが存在します。矯正、インプラント、根管治療、などなど…。彼ら卓越した専門家の目と、私たちの知識を合わせ、患者さんにとってベストな治療をご提案させていただければと思っています。

歯はもとより、歩行や姿勢、栄養といった基本を正し、健康な体づくりを目指す

人の身体で唯一、1つの骨を2つの関節で動かしてるのが、あごの骨です。噛み合わせがどちらかに傾いていると、それはあごの骨にも影響していきます。片方は奥に押し込まれ、片方は前に引っ張られる。それを毎日使っていれば、骨は変形し、靭帯や筋肉は伸びてしまうのです。その結果として、顎関節症などのリスクが増していきます。歯だけではなく、あごの関節に掛かる影響を考慮した矯正が求められるには、こうした理由があるのです。

『沼袋ソレイユ歯科』では、『日本ヘルスファウンデーション協会』のもとで、理学療法士やヨガといった異業種の方々と力を合わせ、新しい取り組みを始めようとしています。『日本ヘルスファウンデーション協会』では、歯はもとより、歩行や姿勢、栄養といった基本的なことを正しいものとし、それにより健康なカラダを維持していくことを目指しています。
私たちはこれまで、歯とあごしか診てこなかったという事実があります。今後、歯とあごはもちろんのこと、全身の健康について併せてご提案出来ればと思っています。

これから受診される患者さんへ

痛くなる前に、これ以上歯で悩まないために歯医者さんをご利用いただきたいですね。先延ばしにすればするほど、実際に治そうとしたとき多くの時間と費用が掛かってしまいます。それを避けるための1番の近道が、やはり予防ということになるのです。
当院では、インプラントなど各分野のセミナーを受講している歯科衛生士が患者さんのお口のケアにあたっています。ケースバイケースで、それぞれ適したケアの仕方に精通していますので、私はもとより、スタッフにも気軽にご相談ください。
いざ治療となれば、毎週の通院がことによると数ヶ月。それに比べ、予防は何ヶ月かに1度の手間でしかありません。歯のことでこれ以上悩まないために、予防の意識を皆さんに持っていただければと思います。

※上記記事は2014.9に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

金切 好孝 院長 MEMO

  • 出身地:新潟県
  • 趣味・特技:ゴルフ、プラモデル
  • 好きな本:東野圭吾
  • 好きな映画:アクション
  • 座右の銘:明鏡止水
  • 好きなアーティスト:ブルーノ・マーズ
  • 好きな観光地:南の国の海

グラフで見る『金切 好孝 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート