中野区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(中野区)―

太田 広宣 院長/おおた歯科クリニック(中野駅・歯科)の院長紹介ページ

太田 広宣 院長

HIRONOBU OOTA

歯科医療の枠を超えて
すべての患者さんの健康をサポート

東京歯科大学を卒業後、縁あって中野駅北口に『太田歯科医院』を開設。その後、南口に移転するとともに『おおた歯科クリニック』へと名称変更し、現在に至る。

太田 広宣 院長

太田 広宣 院長

おおた歯科クリニック

中野区/中野/中野駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科

医療家系に生まれ育ち、歯科医師の道へ

太田 広宣 院長

きっかけは医系の家系だったことです。子どもの頃から白衣姿を見てきたので、その影響があったのでしょう。将来何になろうかと考えたときに浮かんだのが歯医者でした。東京歯科大学を卒業した後に、とあるご縁から中野で「うちの歯医者を継いでくれないか」と声をかけられました。そうして平成7年、中野駅の北口に『太田歯科医院』を開設したんです。約12年新井の地で診療し、歯周病やインプラントの手術に力をそそぎたくて移転しました。平成18年、現在の場所に『おおた歯科クリニック』として移転したんです。北口から南口への移動で、電話番号も変わってしまいましが、今でも半分くらいの患者さんは北口から通ってくださっています。昔からそうなのですが、私が患者だったら、今どのような治療をしているか、どのくらい虫歯が進んでいるのかを知りたいなと思うんです。当院はそんな患者さんのご要望に、かなりしっかりお応えできると思います。

医療はサービス業、患者さんに心地よく過ごしていただくことが大切

太田 広宣 院長

治療内容は、一般歯科・歯周病・インプラント治療・歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎・小児歯科・矯正治療・セカンドオピニオンなど、幅広く対応しています。特に、歯周病をベースにした治療体系になっています。
「医療はサービス業」だと考えていますので、患者さんにいかに心地よくなっていただくかを大切にしています。歯医者さんに来ると、子どもさんはそうですが、大人でも緊張しますよね。治療の際の音やそれに伴う痛みというのは、慣れるのが難しいもの。それがよく分かるので、ほっとしていただけるような雰囲気がつくれるよう、スタッフ全員が意識しています。治療のことや痛みのこと、スケジュール調整など、患者さんが分からないことがあったときに気軽に相談できるような関係でいたいと思いますね。
インプラント治療の際は、その歯は抜く必要があるかどうか、じっくり診察します。患者さんの食生活にも影響してくるところなので、義歯を入れるのがよいのか、インプラント治療を進めるのか、歯の状態や患者さんのご要望にあわせて治療する。そして歯をマイクロスコープで見ながら、中々治りにくい歯の根管治療が必要なのか判断しています。

科学的な根拠のもと、歯周病にアプローチ

太田 広宣 院長

歯周病の原因は、デンタルプラーク、生活習慣、遺伝によるものや、噛み合わせが悪いなどのことが考えられます。噛み合わせによるものの場合、2本の歯の間に1本の歯がくるのが正常交互ですが、それがずれてしまうことで、歯に余計な負担がかかってしまう事で進行が助長されます。
大切なのは、患者さんそれぞれ、原因が違うということ。それを、「歯周病」という病名でひとくくりにせずに、この患者さんはなぜここの歯が悪くなってしまったのだろうと、原因を正確に分析することが必要です。また、当院では細菌を調べる二つの検査をおこなっています。一つはPCR法による細菌数の実態を知ることと、もう一つは、血清抗体価を調べる事で、歯周病になりやすい状態になっていないかが分かるのです。このように、その治療をする根拠を示していくことが必要だと思います。医科では根拠をしっかりとることが基本ですが、ともすると歯科はその部分が弱くなりがちです。そうならないように、根拠を示したうえで治療をしていきたいと思っています。

歯科の枠を超えて、患者さんの健康をサポート

みなさんは「なんで病気になるのかな」と考えたことありますか?その原因には、生活のバランスからの影響が少なからずあると言われています。のほほんと刺激のすくない生活をずっと送っていると、肌になんかしらアレルギーの症状がでることがあります。反対に、常に満員電車に乗っている、仕事が遅くまで終わらないなどの刺激の強い日々を送っていると、交感神経が刺激されすぎてしまうんです。今後も歯科として、医療分野の専門的な視点をもちつつ、歯科の治療に取り組んでいきたいと思います。歯だけを診ていけばいいというのではなく、体全体の健康が大切で、そのためにどのような点を改善していけばよいのかをお話しする。その上で、歯科治療の専門家として、患者さんの健康と充実した毎日をサポートしていけたらいいなと思っています。医学博士の安保徹先生の著書を読んだり、歯周病学会等で発表の機会をいただいたりしながら、私自身、まだまだ勉強を続けているところです。

これから受診される患者さんへ

自分の体なので、愛着を持ってケアして欲しいですね。血液検査は指の先からスポイトで少しの血液をとるだけなので、気負うこともありません。お気軽に検査を受けていただくことができます。患者さんとじっくり話をして、納得していただいたうえで治療を進めていますので、安心して治療を受けていただきたいと思います。どうしても緊張する、インプラントの手術がこわくて受けられないなどお悩みの方は、リラックス外来というものがありますので、遠慮せずにご相談ください。いま虫歯がない方は、まずは定期健診からはじめませんか。スタッフ一同、明るい笑顔でお待ちしています。

※上記記事は2014.10に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

太田 広宣 院長 MEMO

  • 出身地:愛知県
  • 趣味・特技:フライフィッシング
  • 好きな本:『致知』
  • 好きな映画:アクション系
  • 座右の銘:凡事徹底
  • 好きなアーティスト:ホイットニーヒューストン
  • 好きな場所:上高地

グラフで見る『太田 広宣 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声